主要設備の紹介

二軸破砕機

安定した供給と燃焼を行うために、細かく粉砕します。

貯留ホッパ(ライブフロア)

稼働する床により、貯留と供給を行ないます。廃棄物の滞留がない先入れ・先出し方式です。

キルン+ストーカ炉

ロータリーキルンでガス化・前燃焼し、後段のストーカで燃焼を完結します。排ガスは、上部の第二次燃焼室で完全燃焼します。

感染性廃棄物供給機

外気を遮断し、焼却炉へ直接投入が可能です。容器を壊すこと無く供給します。

下水汚泥ホッパ

汚泥、植物残留さ、粉体を貯留し、各施設へ定量供給します。悪臭は臭気配管にて焼却炉に引き込み焼却脱臭するため、漏洩しません。

バグフィルタ・煙突

排ガス煙道中に消石灰+粉末活性炭を吹き込み、中和・吸着作用で有害ガスやダイオキシン類等を除去し、バグフィルタで、ばいじん等を捕集する高度処理を行ないます。

中央操作室

焼却・乾燥施設の運転状況をコンピュータで集中管理します。また、各機器の運転状況をIVTカメラで常駐監視し、安全にかつ安定した施設管理を行ないます。