サーマルリサイクル施設

img_topmain01.jpg

サーマルリサイクルとは?

Thermal Recycle(熱回収)は、廃棄物を単に焼却処理をせず、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用することです。

下水汚泥のバイオマス固形燃料化事業

焼却炉の余熱を利用することで下水汚泥を乾燥し、燃料化することを目的としたサーマルリサイクル事業を行っております。廃棄物の焼却によって発生する余熱の有効利用を図ることができます。なお、乾燥後の下水汚泥は石油や石炭などの化石燃料の代替燃料として有効活用することが可能です。乾燥した下水汚泥は、生物由来のバイオマス燃料であるため、燃焼の際に発生するガスは温室効果ガス(CO2)としてカウントされません。したがって、乾燥した下水汚泥が化石燃料の代替燃料として利用されることで温室効果ガス排出量の削減に寄与します。
 

焼却施設
施設規模 80t /日 (24時間運転)
取り扱う産業廃棄物の種類 燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず、金属くず、ガラスくず等、ばいじん、13号廃棄物、感染性廃棄物、ダイオキシン類(燃え殻、ばいじん)
前処理 150mmアンダー破砕機による前処理
燃焼方法 ロータリーキルン+ストーカ燃焼
冷却方法 水噴霧式
ガス処理 バグフィルタ・消石灰による乾式脱塩除去及び活性炭によるダイオキシン吸着除去
飛灰処理 キレート処理
排水 クローズドシステム(無放流)

焼却設備フロー図はこちら

IWキルン+ストーカ炉
さまざまな廃棄物を一括処理します。ロータリーキルンでガス化・前燃焼し、後段のストーカで燃焼を完結します。排ガスは、上部の二次燃焼室で完全燃焼します。
新IWキルンストーカ炉.jpg
焼却施設主要設備の紹介
二軸破砕機
安定した供給と燃焼を行うために、細かく破砕します。
二軸破砕機.jpg
貯留ホッパ(ライブフロア)
稼働する床により、貯留と供給を行ないます。廃棄物の滞留がない先入れ・先出し方式です。
貯留ホッパ.jpg
感染性廃棄物供給機
外気を遮断し、焼却炉へ直接投入が可能です。容器を壊すこと無く供給します。
感染性廃棄物供給機.jpg
下水汚泥ホッパ
汚泥、動植物性残渣、粉体などを貯留し、各施設へ定量供給します。悪臭は臭気配管にて焼却炉に引き込み焼却脱臭するため、漏洩しません。
下水汚泥ホッパ.jpg
バグフィルタ・煙突
排ガス煙道中に消石灰+粉末活性炭を吹き込み、中和・吸着作用で有害ガスやダイオキシン類等を除去し、バグフィルタで、ばいじん等を捕集する高度処理を行ないます。
バグフィルタ・煙突.jpg
中央操作室
燃焼施設及び、乾燥施設の運転状況をコンピュータで集中管理します。また、各機器の運転状況をITVカメラで常駐監視し、安全にかつ安定した施設管理を行ないます。
中央操作室.jpg

 

下水汚泥乾燥施設
施設規模 80m3 /日(48t /日) (24時間運転)
処理対象 下水汚泥
型式 直接通風加熱式ロータリードライヤ
熱源 焼却施設の燃焼排ガス
特徴 ・熱源に焼却施設からの排ガスを用いているため、化石燃料を必要としない
・乾燥工程で発生する臭気等を含む排ガスを、焼却施設にて再燃焼させ
 脱臭、集塵を行うことができる
・炭化方式では熱分解による炭素分の損失があるが、乾燥方式は水分除去
 のみを行うため炭素分の損失がなく、固形燃料の発熱量が高い
・下水汚泥を含水率80%→10%に乾燥し、乾燥した下水汚泥は
 4,000Kcal/Kg~5,000Kcal/Kgの発熱量を持つバイオマス固形燃料となる

乾燥設備フロー図はこちら

乾燥機.jpgロータリードライヤ(クリックすると拡大します)

 

乾燥汚泥の特徴(バイオマス固形燃料)

1. 燃料物の発熱量が高い

graf02.png

石炭の3分の2の発熱量を持つ燃料です

 

乾燥汚泥.png

バイオマス固形燃料

2. 温室効果ガスの削減効果が大きい

   燃料1t当たりのCO2排出量及び削減量

graf01.png

 

 

 

 

 

石炭の代替燃料として使用した場合、乾燥汚泥1t当たり、0.35 t-CO2の排出削減が可能です